新年会のマナーとして覚えておきたいこととは

新年会,マナー

会社などが主催する新年会の場合、たとえ参加したくなくても参加せざるをえないといったことは珍しくありません。そのような場合であってもできる限り穏便に場を済ませるために、基本的なマナーを覚えておくといいでしょう。新年会の幹事を行うような方も、特に参加を強要されてはいないものの飲み会といった席が好きな方も、基本的な礼儀は頭に入れておいて損をすることはないため学んでおくべきだと言えます。 では新年会のマナーとして覚えておきたいこととしてどのような例が挙げられるのかというと、上座下座といった席順に気をつけ年配者や会社の上司などに上座を譲るといった点が大切です。上座とは出入り口から遠い、奥の方の席を指します。料理やお酒の受け取りや分配などは若手が行うべきだと言えるため、出入り口近くに会社の偉い人を座らせるのはよくないということなのです。 またそしてお酒を飲めない人に無理やりお酒を勧めようなことは決して行わないということも重要なマナーであると言えます。自動車やバイクに乗る方はお酒を決して飲んではいけませんし、妊婦の方やアルコール耐性が著しく弱い人などに飲酒を強要するのは最悪だと言えるため覚えておいてください。 418

新年会を開催する意味

新年会,マナー

新年会とは、新年に今年一年の始まりを祝う会です。 家族や親せき、友達などの集まりでは、今年もよろしくという交流を深める顔見せのような場所です。 会社や企業では目標や経営方針などを決めそれを発表し、職場仲間のコミュニケーションをはかる機会にもなります。 特に会社や企業では仕事以外のコミュニケーションを持つことで、人間関係が良好になり、その上で仕事の能率も上がる効果があります。 普段上司に気を使って言いたいことも言えなかったり、後輩のミスを注意できないなど、人間関係がギスギスしてストレスが溜まるとどうしても仕事に悪い影響が出てしまいます。 忘年会や新年会の意味は、上司や同僚、後輩達と酒を酌み交わし、無礼講で意見を交換し合うことでギスギスした人間関係を良好なものに導きます。 そこでやわらかな関係を築くことができれば、ストレスも半減され、仕事でも言いたいことが素直に言えたり、角が立つような話し方ではなくソフトな物言いができるようになります。 そうすることにより、仕事の能率が向上し、前より楽しく前向きに取り組むことが可能です。 今まで新年会にはあまり乗り気がしなかった人も、少し勇気を出して参加してみることをおすすめします。 419

更新履歴